脱毛のメリット

脱毛のメリット

VIOライン脱毛のメリット

「ムダ毛処理に対する関心」といえば、部分によっても関心を持っている部分と、特に関心を持っていない部分とがあるかと思います。
処理をする必要性が高い部分であれば、関心を持てると思いますし、処理をする必要性が低い部分であれば、ほとんど関心を持っていないと思います。

 

ところが最近では、処理をする必要性が低い部分である、VIOライン(アンダーヘア)の処理を行っている方も多いです。
それも、自己処理ではなく、サロンやクリニックに行って脱毛の施術を受けて、全く毛のない状態にしたり、自分の好きなデザインや毛量にカスタマイズして理想的なアンダーヘアを手に入れたりしている方が多いです。

 

このVIOラインの脱毛は、意外にも人気が高い部位です。
理由としては、以下のようなメリットがあるからだと思います。

 

◇生理期間中が快適に過ごせるようになる◇

 

生理期間中というのは、下着の中が蒸れやすいですし、嫌なニオイも発生しやすいですよね。
また、生理用品の粘着部分とアンダーヘアがくっついてしまって、痛い思いをすることもあると思います。
ですが、VIOラインの脱毛をして、アンダーヘアがなくなることで、下着の中が蒸れにくくなり、以前よりも衛生的な状態を保つことができるようになるので、嫌なニオイはもちろんのこと、雑菌が繁殖したことによる肌トラブルも予防できます。

 

◇衛生的な状態を維持することができる◇

 

デリケートゾーンは、排泄物が出る部分であるため、アンダーヘアに排泄物が絡みついたり、その排泄物によって雑菌が繁殖したりするので、不衛生な状態になりやすく、嫌なニオイも発生します。
ですが、VIOラインの脱毛をしておけば、アンダーヘアに排泄物が絡みつくことも減りますし、雑菌の繁殖も減るので、下着の中の衛生的な状態を維持することができ、ニオイも予防できます。

 

◇水着や下着の着こなしが可能になる◇

 

水着や下着の隙間からはみ出るアンダーヘアのことがネックになって、可愛い水着やセクシーな下着の着用を諦めていた方も多いと思います。
ですが、VIOラインの脱毛をすることで、水着や下着の隙間からアンダーヘアがはみ出る心配がなくなるので、堂々と水着や下着を着こなすことが可能になります。

 

◇自己処理が不要になる◇

 

VIOラインの自己処理というのは、お肌がデリケートであったり、自己処理するのが難しい場所であったりと、とにかく厄介なものです。
ですが、VIOラインの脱毛をすれば、今後は自己処理をしなくても良くなるので、自己処理による肌トラブルや煩わしさから解放されます。

 

◇男性に好印象を与えることができる◇

 

アンダーヘアがある女性を好む男性もいますが、最近はアンダーヘアのない状態(パイパン)のAV女優さんが結構いることもあり、結構な量のアンダーヘアがあると、相手の男性が引いてしまう可能性もあります。
ですが、VIOラインの脱毛をしていれば、理想的なアンダーヘアを維持することができますし、「見えない部分にも気を遣っている」という好印象を与えることができます。

 

VIOラインの脱毛を受けることには、このようなたくさんのメリットがあります。
確かに、他の部位の脱毛を受けるのとは、恥ずかしさが全く違う部位ではあるのですが、恥ずかしさを乗り越えた先には、先ほどご紹介したようなメリットが待っているので、勇気を出して受けてみてはいかがでしょうか?

VIOライン脱毛をする時の体勢

ワキ・腕・脚など、誰かの目に触れる可能性のある部分のムダ毛に気を遣っている方がほとんどだと思うのですが、中には、誰かの目に触れる可能性がほとんどない、「アンダーヘア」のムダ毛処理に力を入れている方もいらっしゃると思います。
アンダーヘアを処理しておくことで、デリケートゾーンの肌トラブルを予防したり、彼氏や旦那さんに女性らしい清潔な印象を与えることができたりと、良いことも多いです。

 

しかし、アンダーヘアを自己処理することによって起こる肌トラブルも非常に多く、処理するのであれば、できれば自己処理ではなく、サロンやクリニックで脱毛の施術を受けたほうが、安心安全だと思います。
アンダーヘアの脱毛は、「VIOライン脱毛」というのですが、VIOラインをツルツルの無毛の状態にする方もいれば、好きな形や量にして残して脱毛することもできるので、望むようなアンダーヘアを手に入れることが可能です。

 

とはいえ、場所が場所だけに、施術中の様子が非常に気になりますよね。
特に「施術中はずっと恥ずかしい体勢でいなければならないのでは?」と、不安になる方も多いと思います。

 

サロンやクリニックでVIOライン脱毛の施術を受ける時は、大抵の場合は施術用の紙製パンツに着替えることになります。
その紙製パンツは、施術がしやすいように、前はハイレグで後ろがTバックになっています。
そして、V・I・Oそれぞれは、以下のような体勢で施術を受けます。

 

◇Vライン◇

 

Vラインの脱毛は、両脚を閉じて仰向けに寝転がった状態で施術を受けます。
ただ寝ているだけで済むので、IラインやOラインに比べたら、それほど恥ずかしくはありません。

 

◇Iライン◇

 

Iラインの脱毛は、脚を立てた状態で仰向けに寝転がり、右側を施術する時は右脚を開き、左側を施術する時は左脚を開くといった状態で施術を受けます。
少し抵抗があるかもしれませんが、できるだけ粘膜の部分が露出しないよう、紙製パンツをずらしながら施術してくれるので、全てを見られてしまう可能性は低いと思います。

 

◇Oライン◇

 

Oラインの脱毛は、サロンによって異なり、四つん這いの状態で施術を受ける場合もあれば、横たわった状態で、右脚・左脚をそれぞれ立てながら施術を受ける場合もあります。
Oラインも、少し抵抗があるかと思うのですが、肛門が丸見えになってしまわないように、紙製パンツをずらしながら施術をしてくれるので、それほど心配は要りません。

 

VIOラインの脱毛は、上記のような体勢で行われます。
最初はもちろん「恥ずかしい」という気持ちがぬぐい去れないかもしれませんが、VIOライン脱毛を受けている人は多いですし、施術回数を重ねていくうちに慣れてくる人も多いので、皆さんもきっと乗り越えられると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ